koguma-pan
人間関係にそれほどナーバスにならなくてもいいンだよ。自然に会わなくなったり、またよく連絡を取り合うようになったり。人間関係は素直に自然に。来るもの拒まず去るもの追わずと言うでしょ。人もモノも、手放す事を恐れない事が、不安を遠ざける。執着が人を不安にさせるンだよね。(小池 一夫)
otahuku
たぶん付き合ってるであろう二人組の男が女に向かって
「ねえ。いつものあれいってよ。」
っていってたからこいつ「大好き」とか言わせんのか死ねとか思ってたら女の方が
「STAP細胞はあります!」ってめちゃくちゃ小保方さんににてる声でモノマネして笑いそうになった
otahuku
1635 :名無しさん@おーぷん:2014/09/26(金)01:34:17 ID:5P3RFtDDi
10年ぐらい前、仲が良かったパート先の社員(女)さんの家に泊まった。
「私の家、浴槽入れないけれど良い?」
「うん・・・いいけれどなんで?」
「あのね、コイがいるの」
「(゚Д゚)ハァ?」
恋?隠れた男でもお隠しですか?
「お風呂で、錦鯉を飼ってるの」
「??????」
彼女に連れられて浴槽を見ると、50cmはあるような巨大な魚がほんとに浴槽を泳いでました・・・。
「な、なんでこんなの飼ってるの?」
「大学入った頃、寂しくてペットショップ行ったら、店員さんがお風呂でも飼えるよって、最初は、5cmぐらいだったんだけれど大きくなっちゃった」
大きくなりすぎでしょ・・・
「お風呂どうしてるの?」
「シャワー浴びる時は、蓋をして泡が入らないようにしてるよー」
それでいいのかい・・・?
聞けば鯉のためにドイツ製のエーハイムとか言う水を綺麗にする機械まで入れてるとか。
「焼肉!お友達だよー!」
と声をかけると、ひどい名前の巨大鯉がゆーっくり水面に頭を出してきて、その頭を彼女が、「いい子いい子」
って撫でてるのが、普通のお風呂なのに凄い幻想的だった。
今は結婚して、とても大きな水槽で飼ってる。
旦那さんも「俺が寂しいなら魚でも飼えばって言った手前、捨てろとは言えない」って笑ってて、娘っ子も「焼肉!焼肉!」ってめっちゃ可愛がってた。
でもあの時、お風呂で鯉を見た時はびっくりしたなー。